フィンランドへの渡航に必要な在留許可

3か月を超えてフィンランドに在留する場合、在留許可が必要となる。EU加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスの国民は、フィンランド渡航に在留許可は不要である。

  1. フィンランドでの就労や就学の予定があるまたは、家族が在留している場合、在留許可が申請できる。在留許可申請は、フィンランド渡航前行うこと。
  2. EU査証規則に従い、申請者は査証失効前にシェンゲン協定地域を離れることがシェンゲン査証発給要件となる。そのため、在留許可取得、または在留許可関連の審査結果を待つ目的でフィンランドに渡航する場合、査証は発給されない。フィンランド国籍者の家族の場合も同様である。
  3. 申請は必ず本人が行う。
  4. 電子申請書をenterfinland.fi経由で提出するか、書面でフィンランド移民局に提出する。
  5. フィンランドへの渡航目的(フィンランド国内での就労、就学または、家族帯同)に応じた様式を選択する。
  6. 在留許可申請書の各項目を正確に記入する。補足書類の内容を確認する。
  7. 申請書に記入後、フィンランド大使館での本人確認手続きのための予約する。申請手続きのための予約はメールで受け付けている。
  8. 滞在国にフィンランド大使館がない場合は、大使館所在国への渡航査証申請が必要となる場合がある。
  9. フィンランド大使館へ出頭し、本人確認完了後、在留許可申請費用を支払う。なお、申請費用は、申請の取り下げや、許可が下りなかった場合でも返金されない。
  10. フィンランド大使館での手続き後、審査事務はフィンランド移民局に移管する。
  11. 審査の進捗状況はオンラインで確認できる。追加情報の提出や面談を求められる場合がある。
  12. 審査には相当の時間を要する。審査待ちの数は、常に多いが審査は必ず行われるので、結果が出るまで待たれたい。
  13. 審査結果は、申請者に速やかに通知される。
  14. 審査後、許可が下りた者については、在留許可カードが在留許可を申請したフィンランド大使館へ送付される。審査の結果、在留許可要件を満たさないと判断された場合は許可は下りない。
  15. 在留許可申請の詳細は、フィンランド移民局のウェブサイトmigri.fiを参照のこと。