フィンランドが札幌にやって来る! 北海道フィンランドウィーク 2022年5月28日(土)~6月3日(金)

5月28日(土)から6月3日(金)まで、北海道フィンランドウィークが開催されます。サウナや文化、教育&子育て、スタートアップ、5G&6G、ジェンダー平等などについて紹介し、持続可能な未来に向けた共通の課題について意見を交わすイベントです。

28.5. – 3.6.2022

北海道 札幌市

イベントにより会場が異なります。各会場の詳細については本ページのプログラムをご確認ください。

駐日フィンランド大使館、ビジネスフィンランド、フィンランドセンター、在日フィンランド商工会議所(FCCJ)

その他 ,


 

気候や豊かな自然、人口規模など、フィンランドと北海道には様々な共通点があります。大学や企業間での交流は数十年前から活発に行われ、スポーツ界での往来も盛んに。2019年12月にフィンランド航空のヘルシンキ~札幌(新千歳)線が新しく就航したことで双方の絆はさらに強まり、今後とくにビジネス分野での交流が増えることが見込まれます。

北海道フィンランドウィークは、駐日フィンランド大使館、ビジネスフィンランド、フィンランドセンター、在日フィンランド商工会議所(FCCJ)が一丸となって北海道で初めて行う「フィンランド週間」。5月28日(土)から6月3日(金)まで、サウナや文化、教育&子育て、スタートアップ、5G&6G、ジェンダー平等などについて紹介し、持続可能な未来に向けた共通の課題について意見を交わしたいという思いのもと開催します。

札幌市内の各会場には、ペッカ・オルパナ駐日フィンランド大使をはじめ、フィンランドを代表する面々が集結。北海道、北海道大学、北海道フィンランド協会等の協力を得て、北海道の皆様にフィンランドへの関心を深めていただくべく、1週間を盛り上げます。「私にとって、フィンランドを彷彿とさせる北海道は、日本の中でも特別な場所です。北海道の方々にフィンランドの知識を深め、文化を体験していただける、心躍る一週間を楽しみにしています。会場で皆様に会えることを心待ちにしています」とオルパナ大使は述べます。

期間中は一般の方々を対象にしたイベントも複数ございます。一同、会場でお会いできることを楽しみにしています。

北海道フィンランドウィーク】5月28日(土)~6月3日(金)

プログラム&会場
 

5月28日(土)~29日(日)サウナの街さっぽろ~北海道フィンランドウィークスペシャル~ ※「北海道フィンランドウィーク」と「サウナシティさっぽろ」のコラボイベントになります     

内容:屋外サウナの楽しみと、フィンランドの食文化やモルックなどを通してフィンランドのライフスタイルを体験できるイベントです。※有料チケット販売中(各回定員500名)
会場: ガトーキングダムサッポロ 
詳細、チケット https://sauna-city-sapporo.com/(layout.types.url.description) 

5月30日(月)14:00-19:00  Science day   ※使用言語:英語のみ (English only)   
30th May 14:00-19:00
Event 1: Finland and Japan in search for new smart solutions for the Arctic and North 
Event 2: Indigenous Peoples of the North: Comparative Approach to Sámi and Ainu culture and tourism 
Place: Hokkaido University FMI Hall and online
Registeration(登録): https://www.lyyti.in/d57939cac118_1529(layout.types.url.description) 

5月31日(火)10:00-17:30  スタートアップDAY  セミナー&クリニック 

第1部: 北海道のスタートアップ企業のためのセミナー
※使用言語:日本語 英日遂次通訳あり
第2部: 北海道のビジネスパーソン/学生のためのスタートアップ・クリニック         ※使用言語:日本語及び英語 通訳なし

会場: 札幌市民交流プラザ  SCARTS コート
登録: https://www.lyyti.in/db859148072015_0914(layout.types.url.description) 

サイドイベント 18:00-19:45
フィンランドと北海道の交流と調和~伝統楽器カンテレとトンコリ、創作ユカラ、フィンランド大使の講演
会場: 札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ3階
詳細 https://www.hiecc.or.jp/topics/detail.html?pid=2068122167645(layout.types.url.description) 

6月1日(水)12:00-17:20 林業 DAY  ※通訳あり                    基調講演&セッション(オンライン視聴可能)

内容:北カレリア県による林業技術、木材利用、林業教育の紹介等              会場:札幌市民交流プラザ  SCARTS コート
登録: https://www.lyyti.in/0d6f79403e26_4183(layout.types.url.description) 

6月2日(木)16:00-20:00 文化と人々 DAY  ※通訳あり         

内容:ジェンダー平等、ワークライフバランス、子育て支援               会場: 札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ3階
途中入場、途中退場可能です ※育児パッケージの展示あり
登録: https://www.lyyti.in/2d740786948ce59f32e9_9892(layout.types.url.description) 

体験ワークショップ 18:00-20:00:ヒンメリ (定員20名 満席)                           会場: 札幌市民交流プラザ  SCARTS スタジオ2階  講師:山本睦子
登録: https://www.lyyti.in/905b006da33fa008_1121(layout.types.url.description) (新規ウィンドウを開く)

6月3日(金)16:00-18:45 教育 DAY   ※通訳あり

内容:フィンランドへの留学、AI教育、フィンランドの教育とは、主権者教育など                   会場: 札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ3階
途中入場、途中退場可能です
登録: https://www.lyyti.in/884235daf9a24ae9e6ced2_0913(layout.types.url.description) 

体験ワークショップ 18:00-20:00:編み物 (定員45名)                            
会場:札幌市民交流プラザ  SCARTS スタジオ2階 
講師:フィンランドセンター アンナーマリア・ウィルヤネン所長 
登録: https://www.lyyti.in/3f5ba1cb5cb9ddac466c_3070(layout.types.url.description) (新規ウィンドウを開く)  

詳細プログラム

30th May 14:00-19:00  Science Day  

Organized in collaboration between Embassy of Finland, Business Finland, Hokkaido University Arctic Research Center and Hokkaido University Center for Advanced Tourism Studies 

Event 1: Finland and Japan in search for new smart solutions for the Arctic and North (Hokkaido University FMI Hall and online) 
14:00 Opening Words 
    - Ambassador Pekka Orpana, Embassy of Finland  
    - Executive Vice President, Professor Yokota Atsushi (International Affairs and SDGs),           Hokkaido University 
14:10 Digitalization, Cybersecurity and the Needs of the People Living in the Arctic and North 
   - Mirva Salminen, UiT/University of Lapland 
14:25 Digitalization and Benchmarking as Tools Helping in Elderly Care 
   - Harriet Finne-Soveri, Finnish Institute for Health and Welfare 
14:40 Telemedicine and Remote Health Systems  
   - Katsuhiko Ogasawara, Hokkaido University 
14:55 Short Q&A 
15:05 Break 
15:15 Mobile Internet Access as a Human Right: a View from the European High North 
   - Stefan Kirchner, University of Lapland 
15:30 Human Body Blockage in 5G Frequency Bands and Adolescent Health 
   - Takashi Hikage, Hokkaido University 
15:45 5G/6G from the Perspective of Sustainable Development 
   - Marja Matinmikko-Blue, University of Oulu 
16:00 Short Q&A 
16:10 Closing Words  
   -Yamamoto Tsuyoshi, Hokkaido University 

Event 2: Indigenous Peoples of the North: Comparative Approach to Sámi and Ainu culture and tourism (Hokkaido University FMI Hall and online) 
17:00 Opening Words (Moderator) 
17:05 Responsible and ethically sustainable Sámi tourism 
   - Kirsi Suomi, Sámi Parliament in Finland 
17:20 Culturally Sensitive Ainu tourism – A Way Forward 
   - Johan Edelheim, Hokkaido University 
17:35 Sustainable Indigenous Tourism Practices in Northern Finland and Japan 
   - Takafumi Fukuyama, Hokkaido University 
17:50 Sustainable Ainu Tourism through Adventure Tourism 
   - Kensuke Takada, Hotel Tsuruga Group 
18:05 Practical Experiences in Sustainable Sami tourism 
   - Anne Karhu-Angeli, Angeli Reindeer Farm 
18:20 ARCTISEN – Culturally Sensitive Tourism in the Arctic 
   - Monika Luthje, University of Lapland 
18:35 Q&A 
18:55 Closing words (Moderator) 
Registeration: https://www.lyyti.in/d57939cac118_1529(layout.types.url.description) 

5月31日(火)10:00-17:30  スタートアップDAY  セミナー&クリニック 
会場: 札幌市民交流プラザ  SCARTS コート

第一部:北海道のスタートアップ企業のためのセミナー                 ※使用言語:日本語 英日遂次通訳あり

10:00 北海道庁及び駐日フィンランド大使による開会の辞(5分×2) 

ペッカ・オルパナ 駐日フィンランド共和国大使 

田邊弘一 北海道 経済部 産業振興局長 

10:10 お知らせ「相互的スタートアップ・コミュニティ創出に向けて」(5分) 

10:15 基調講演:北海道のスタートアップ・エコシステム構築に向けて、北欧諸国のスタートアップ・エコシステムから学べること(20分) 

中島健祐 三菱UFJリサーチ&コンサルティング ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部 ゼネラルマネージャー 

10:35 相互的スタートアップ・コミュニティの形成のための協働スキームの紹介(20分) 

ビジネスフィンランド/三菱UFJリサーチ&コンサルティング/札幌市 

10:55 北海道におけるスタートアップ・コミュニティの紹介(30分) 

STARTUP CITY SAPPORO/札幌市 

北海道大学 

IKEUCHI LAB 

11:25 閉会の辞(10分) 

キンモ・オユヴァ ビジネスフィンランド商務参事官 

第二部:北海道のビジネスパーソン/学生のためのスタートアップ・クリニック
会場:札幌市民交流プラザ SCARTSコート
言語:英語および日本語(通訳無し)

Ikeuchi Lab/DEMOLA Global アクセラレーションプログラム 

13:00 スタートアップ・ブート・キャンプの紹介 

13:45 途中休憩(15分) 

エンターエスポー・スタートアップセッション 

14:00 エンターエスポーによる、挨拶とエスポ―のイノベーションエコシステムの概要紹介 

エンターエスポ― シニアビジネスアドバイザー 清水眞弓 

14:30 アアルトアントレプレナーシップソサイエティ(AaltoES)によるプレゼンテーション 

AaltoES プレジデント アハメッド・ハディ 

14:50 AaltoESとの質疑応答 

14:55 アアルトスタートアップセンター(ASUC)によるプレゼンテーション 

ASUC オペレーションズ&コミュニケーションズ ナタリー・ガウデット 

15:15 ASUCとの質疑応答 

15:20 エンターエスポーのサービスに関する説明とまとめ 

エンターエスポ― シニアビジネスアドバイザー 清水眞弓 

15:30 途中休憩(30分) 

オウルスタートアップトーク 

進行:ビジネスオウル内田、開会挨拶以外日本語 

16:00 開会の挨拶 オッリ・ロウトゥノヤ、ビジネスオウル・産業&投資部門ディレクター 

16:05 北欧のシリコンバレー「オウル」~北欧一のハイテクタウンにあるスタートアップエコシステム~  

内田貴子、ビジネスオウル・シニアアドバイザー 

16:25 トークセッション(Q&A含む) 

16:25【セッション1】育成:GLOWTH」 

「今、アクションを起こそう!フィンランドに見た北海道の未来 」 

安田光孝、北海道情報大学教授・情報メディア学部・情報メディア学科 アントレプレナーシップ・センター・センター長、メディア・クリエイティブ・センター・センター長 

16:40【セッション2】「挑戦:CHALLENGE」 

“Go global!世界への挑戦から始める起業”でやりましょうか。 

青木雄太 、株式会社funky jump CEO  

16:55【セッション3】「探求:EXPLORE」、 

「胎内から天国まで」と教えられた福祉国における当社のAI見守り評価 

森正人、株式会社サンクレエ代表取締役  

17:10【セッション4】「協働:COLLABORATION」 

オウルの牛舎設計コンサルスタートアップ4dBarnとの国際間協力の成功事例  

金井奈穂子(獣医師)、Lehma社(釧路ファームサポート) 

17:25 閉会の言葉 ビジネスオウル内田 

17:30 閉会 

 

登録: https://www.lyyti.in/db859148072015_0914(layout.types.url.description)

6月1日(水)12:00-17:20 林業 DAY (オンライン視聴可能)※通訳あり

場所: 札幌 SCARTS Court

12.00-12.30 

開会の言葉
ペッカ・オルパナ 駐日フィンランド共和国大使
北海道庁水産林務部 加納剛 森林計画担当局長 
マルクス・ヒルヴォネン 北カレリア県知事               

12.30-12.50 

基調講演:フィンランドの林業と森林産業・成功要因はデジタル化
ビジネスヨエンスー ティモ・タハヴァナイネン開発マネージャー

12.50-13.10 

基調講演:北海道における木材産業の現状について
北海道木材産業協同組合連合会 内田 敏博 副会長

13.10-13.30

リモートセンシングに基づく高精度の森林・自然情報が林業にもたらす便益について
フィンランド森林センター ユッシ・ラッパライネン 森林スペシャリスト

導入セッション:

13.30-14.50 

セッション1:フィンランドと日本との間における森林関連の共同研究(フィンランド自然資源研究所及び東フィンランド大学による)

1.1.建築における木材利用:伝統的なものから未来のものまで:
 建設及びバイオ・サーキュラーエコノミーにおけるの木質集成材および製品
  フィンランド自然資源研究所 エルッキ・ヴェルカサロ教授、
  マルッティ・ヴェナライネン シニア科学者
      東フィンランド大学 アンティ・ハーパラ教授
 持続可能性に向けた木材建築及び都市木材の利用 
  日本福祉大学建築バリアフリー専修 坂口大史准教授

1.2森林からお皿へ:非食用の原料を食品原材料に:
  フィンランド自然資源研究所 トゥ-ラ・ユスケ非常勤教授
  北海道情報大学 西平順 教授

1.3. 森林エコシステムの健全さ:
 森林エコシステムの健全さと気候変動
  東フィンランド大学 エリナ・オクサネン教授
 森林の害虫を調査するための新しい技術
  北海道大学北方生物圏フィ-ルド科学センタ- 内海俊介 准教授

質疑応答
小休憩

14.50-15.50

セッション2:フィンランドと日本との間における森林に関連する教育コラボレーションの可能性について(東フィンランド大学、カレリア応用科学大学、北カレリア県教育訓練共同事業体・リベリアによる)

2.1.  北カレリアとその重要性
 カレリア応用科学大学 カイヤ・サラマキ氏

2.2.  北カレリア県教育訓練共同事業体・リベリアにおける森林関連の教育、そしてリベリアと北海道立北の森づくり専門学院(旭川)との教育コラボレーションの紹介
 北カレリア県教育訓練共同事業体・リベリア 
 カトヤ・ヴァイリネン氏/ミッコ・サーリマー
 北海道立北の森づくり専門学院 土屋禎治学院長

2.3. カレリア応用科学大学における森林関連の教育、そして協働の可能性
 カレリア応用科学大学 カイヤ・サラマキ氏

2.4. 東フィンランド大学における森林関連の教育、そして協働の可能性
 東フィンランド大学 マルヤ・コールストゥロム氏

質疑応答
小休憩

15.50-17.15 

セッション3:フィンランドと日本との間の森林関連のビジネス協力の構築(ビジネスヨエンスー、カレリア応用科学大学、北カレリア県教育訓練共同事業体・リベリアによる)
 基調講演:林業と森林産業に関連するビジネス構築のためのサービス
  ビジネスヨエンスー セッポ・トッサヴァイネン ビジネス構築スペシャリスト

3.1. コラボレーションの例1:アルボナウト社―精密林業計測(株):森林デジタル化における、アイディアから実現までの道のり
  アルボナウト社 日比谷遼 ビジネスデベロッパー 
  精密林業計測株式会社  竹中悠輝  代表取締役

3.2. コラボレーションの例2:ケスラ社―臼井国際産業(株):適応型且つスマートな林業テクノロジーソリューション
    臼井国際産業株式会社 臼井 隆晶 代表取締役会長
 ケスラ社 ユッシ・サールニオシニアアドバイザー

3.3. コラボレーションの例3:ジョンディア・フォレストリィ社/ワラタ社 ―(株)日建 
 日本の林業における現代的で持続可能な林業ソリューション
 株式会社日建 雨宮 誠 代表取締役
 ジョンディア・フォレストリィ社ヴィッレ・ペッカネン マネージャー、UE&キーアカウント

質疑応答

17.15-17.20 

閉会の辞
 カレリア応用科学大学ペッテリ・リュハネン 2020―2022年北カレリア・日本林業バイオエコノミー協力プロジェクト プロジェクトマネージャー 

休憩 、別会場への移動(コロナウィルス感染症拡大状況により未定)

18.30-21.00   

 飲み物、交流 (参加費は有料となります)
イベントと平行し、隣接する部屋でミニ展示会を実施(企業ポスター、パンフレット、サンプル等を展示)

登録: https://www.lyyti.in/0d6f79403e26_4183(layout.types.url.description) 

6月2日(木)16:00-20:00 文化と人々 DAY ※通訳あり

会場:札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ

16:00 開会の挨拶 
フィンランドセンター アンナーマリア・ウィルヤネン所長
 

16:10 家庭と仕事の両立についての対話
フィンランドセンター アンナーマリア・ウィルヤネン 所長
S2コーポレーション 迫村裕子 代表

17:00 ムーミンのクリエーター トーベ・ヤンソン: ビジュアルアーティスト、作家、ロールモデル
フィンランドセンター アンナーマリア・ウィルヤネン 所長

休憩 

18:00 政治におけるジェンダー平等~日本とフィンランド対話 
ピルヴィ・トルスティ(現ヘルシンキ市議、過去に教育文化副大臣など
歴任)
鈴木貴子 外務副大臣

徳永エリ 議員(立憲民主党ジェンダー平等推進本部長)

質疑応答

18:50 フィンランドと北海道の出産・育児支援(ネウボラ、育児パッケージなど 
駐日フィンランド大使館 堀内都喜子
 

北海道保健福祉部子ども未来推進局 子ども子育て支援課子育て支援係 隈部はるな 係長
コープさっぽろ デジタル推進本部 広報部 緒方恵美 部長

質疑応答 

19:40 閉会

途中入場、途中退場可能

登録: https://www.lyyti.in/2d740786948ce59f32e9_9892(layout.types.url.description) 

 

6月3日(金)16:00-18:45 教育 DAY  ※通訳あり

会場: 札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ3階

16:00 開会

16:10 学びを通じたウェルビーイング
AI教育「Elements of AI」の紹介
Reaktor Educationヴィッレ・ヴァルトネン マネージングディレクター
スクール・オンザ・ムーブ
 
Likes By JAMKアンッティ・ブロム プログラムディレクター 
フィンランドで学ぶ フィンランドセンター イエンナ・タヴァスティ

17:10 休憩

17:30 フィンランドの教育とは
駐日フィンランド大使館 堀内都喜子

18:00 主権者教育 
なぜフィンランド若者積極的に社会に参加するのか?
 

国会 広報 リーナ・ヘミンキ
Alliassi Finland イーダ・ラウリラ 若者の社会活動担当

18:45  閉会

途中入場、途中退場可能

登録: https://www.lyyti.in/884235daf9a24ae9e6ced2_0913(layout.types.url.description) 

主催/駐日フィンランド大使館、ビジネスフィンランド、フィンランドセンター、在日フィンランド商工会議所(FCCJ)  後援/北海道、公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター

【問い合わせ先】フィンランド大使館広報部

Tel: 03-5447-6000   Email: [email protected]